1.無料の壁紙を入手するには

スマートフォンやパソコンなど、日常的に使うものは、お気に入りの壁紙で楽しみたいですね。

でも、「お金をかけてまで…」という時には無料の壁紙を探してダウンロードするのがおススメです。

例えば、スマートフォンの壁紙を探したい場合は、「スマホ 壁紙 無料」で調べると、無料壁紙を700万点以上用意しているサイトをはじめ、壁紙専用のホームページがありますので、気に入ったものをダウンロードするとよいでしょう。

また、壁紙専用ではなくてもフリー素材(画像)をダウンロードして壁紙設定にして使うこともできます。さらに壁紙アプリも多数ありますので、気に入った壁紙をきっと見つけられるはずです。

2.スマートフォンの壁紙を設定するには?

スマートフォンに自分のお気に入りの壁紙を設定する機会は、よほど交換するのが好きな人でないかぎりは年に1度も変更しないことが多いのではないでしょうか。

ふだんあまり使うことのない操作だけに、「操作方法が分からない」「操作方法を忘れてしまった」ということもありがちです。スマートフォンのようなタブレット型の端末では、操作方法はとても簡単です。

ホーム画面の壁紙を設定したい場合は、ホーム画面のあいている余白を長押しします。そうするとメニューが開くので、「壁紙」を選択肢、好きな画像を選択します。つまり、選択操作をする前に壁紙にしたい画像は保存しておく必要があります。そして操作を終了すれば壁紙の設定は完了です。

3.PCのデスクトップの壁紙を変更するには?


パソコンのデスクトップ画面は、作業しながら目にすることも多いので、気持ちよく作業できるように設定したいものです。

パソコンにもともと入っている壁紙データを使ってもよいですが、無料壁紙のダウンロードサイトから見つけたものや、自分が撮影した写真などを使いたい場合は、パソコンにまず保存します。

そして、デスクトップ上でアイコンなどが何もない場所を右クリックし、「個人設定」をクリックします。新しいポップアップ画面(設定)が出ますので、「背景」の操作画面を選択し、まずは「背景」を画像・単色・スライドショーのどれにするか選びます。

その後、画像候補を選んで操作を完了させればデスクトップ画面の背景が変更されます。

4.壁紙が真っ白に近いほど電池の消耗は激しい

「スマートフォンの画面を真っ白にするのがシンプルでかっこいい」と話題になったことがありました。

Webサイト「不思議なiPhone壁紙」からダウンロードできる「全部白い壁紙」では、iPhoneのホーム画面を真っ白に設定することができます。しかし、液晶画面には、有機ELが使われているため、画面上で色を発光させる面積が広いほど電池に負担がかかるのも事実です。

真っ白な画面にした場合と真っ黒な画面にした場合とでは少しの差ではありますが黒の方が長持ちするといいます。

さらに気になるのは、目への負担です。スマートフォンが発する光の中で最も目に刺激となるのは白色を中心とした明るい色です。液晶本体の明るさにも気をつけて使用することをお勧めします。

5.ロック画面の壁紙を変更する方法


Androidの場合、デフォルトでは端末に内蔵されている画像が設定されていますが、自分の好みに合わせて壁紙を変えることができます。

「設定」→「画面設定」(個人設定)→「ロック画面」を選びます。メニューから「組み込みの壁紙」または「アルバム」を選びます。そして、表示された候補のなかからロック画面に設定したい画像を選びます。

iPhoneの場合の操作方法もほぼ同様です。ホーム画面から「設定」アプリを選び、「壁紙」→「壁紙を選択」をタップします。

そして、表示された候補のなかからロック画面に設定したい画像を選びます。いずれの場合も、壁紙にしたい画像はあらかじめスマートフォン内に保存しておく必要がありますので、画像の保存をしてから設定しましょう。