JALのマイレージをためるのは日常生活でもできる

効率的にJALのマイレージをためるためには、意識してたまる店やカードの使い方をすることが重要です。

どこでたまるのかというとまずはJALやその提携航空会社のフライトやホテルを利用することが一番大きいです。さらに、指定の宅配サービスやレンタカーでもマイレージが付きます。

このほかにも毎日の生活の中でも貯められます。例えばJALのクレジットカードで決済すれば利用金額200円で1マイルが付きます。これなら公共料金などの支払いをするたびにマイルがつくので知らず知らずたまっていきます。

また、電子マネーのwaonの支払いでも200円で1マイルですので、日ごろの食費など買い物でもたまります。うまく利用することで負担なくマイルが増えていきます。

ETCのマイレージの利用時に抑えておきたいコツ

高速道路を利用することが多い方は利便性や割引の点でETCを付けている方は多いでしょう。しかし、ETCのメリットはそれだけではなく、使えば使うほどポイント、マイレージが貯まりお得になります。

ETCのマイレージはカードを持っていれば自動で付与されるものではなく、登録が必要です。これをしないとETC料金で走れても、もう1つのメリットのポイントが付きません。登録はネットと郵便でできるので、ネットなら老得した当日からポイントが付きます。

マイレージの付与率は高速道路によって異なるので、詳細は公式サイトをチェックしましょう。また、登録済みのETCカードなら車はいつも同じではなくてもいいのでレンタカーでもETCカードをセットしてあれば還元されます。

ある程度マイレージが貯まると、その分を高速料金を割引という実用的なサービスを受けられます。マイレージは有効期限がないので、貯めると使えるという確実性も人気です。

マイレージをポイント交換するならANA? JAL?


航空会社のマイレージは自社のフライト代として交換できるのは知っている方も多いでしょう。しかし、それ以外の交換先も豊富にあるので選択肢に入れておきましょう。

まずはANAですが、マイレージ交換先としてiTunesギフトコードや楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイントなど身近な先に還元できます。

一方JALの提携先への交換先はAmazonのギフト券やマツモトキヨシやファミリーマートで使えるギフト券などとなっています。WAONのポイントとして交換できます。

JALの場合は交換先がギフトなどある程度決まっていることが多く、ANAはポイントとして交換できるものも多いです。

どちらの場合も専用のサイトから申請することが必要なので、マイルカードを登録することが必要です。

ANAが飛んでいない地域に行くときはマイルは貯まらない!?

マイルをためるにはフライトが一番大きくたまります。ただ、行先によってはANAが飛んでいないこともあります。そんな時にもANAの提携航空会社であれば、マイルはたまるので損はしません。

ANAの提携航空会社スターアライアンス加盟会社を中心に、マイルだけ提携している場合も有ります。その数40社にわたり、アジアや欧米など世界の多くの地域をカバーしています。そのため、マイルをできるだけ貯められる航空う会社を選ぶことも難しいことではありません。

ただ、マイルの付与率は各社で異なるので、必ずしもANAと同じとは限りません。それよりも低い付与率になってしまうこともあります。それでも、せっかくならためた方がお得ですので、予約をするときに提携会社かどうかはチェックしましょう。提携航空会社はANAの公式サイトに一覧として出ています。

マイルは搭乗後に申請しても加算できるの?


うっかり予約時にマイレージカードのことを忘れていたという方もいるでしょう。そんなときはあきらめてなくはならないのでしょうか。

ANAの国内線の場合ですが、搭乗後翌日から6か月以内にWEBか電話での申請で加算されます。国際線と提携航空会社だった場合は搭乗後3日後から6か月以内なら申請することで付与されます。

これならマイルも申請し忘れがなく損をしません。

JALも事後申請に対応していて、国内線の場合は搭乗3日後から6か月以内となっています。国際線の場合は搭乗5日後から6か月以内、提携航空会社は搭乗後14日しないと手続きができません。JALのホームページの他、郵送と電話でも受け付けています。

両者ともに事後でもマイルはつけられますので焦る必要はありません。ただ、乗ったフライト便の情報が必要です。